【幼少期】私の糖尿病の症状についてまとめてみた【現在】

投稿者: | 2020-12-22

長年、血糖値が高い状態が続くとどのような状態になるのか
私の症状をまとめてみました。

糖尿病の症状について

初期の糖尿病は、まったく症状がでない。
と言うか、怖いのは糖尿病による合併症(※)だ。
(※下記、関連ページを参照)

気付かない内に高血糖状態が続き、何か身体がおかしいなと思って調べてみると、糖尿病になっていたと言うのがほとんどの人ではないでしょうか。

私の糖尿病の症状

父親が糖尿病でしたので、若い頃は私もなりやすいのかなくらいにしか考えていなかった。
父親は塩分に気を付けていたので、糖尿病を防ぐには塩分を控える事だと間違って思っていた。(笑)

思い起こせば、若い頃からその兆候(※)はあったが、糖尿病について何も知らなかったので気付かなかった。
(※下記、関連ページを参照)

糖尿病の初期の症状と言えば

  • 喉が渇く
  • 頻尿
  • 食欲が増す
  • 疲れやすい
  • 目がかすむ
  • つりやすい
  • ED(性機能障害)

などがありますが、

血糖値測定キット私の場合は最初に「喉が渇く」「食欲が増す」などがあったと思います。
しかも、妙に甘い飲み物や食べ物が欲しくなったりした。

次に、1~2週間ほどの短い期間ですが、寝るときに膝から足首にかけて我慢できないくらいチクチクして眠れない事があった。
これも糖尿病による神経障害の一つであったのではと思います。

その後、ある時から急激に「視力が低下」した。
低下するだけではなく、目がかすんでしまう。
仕事がら目を酷使するので、目の疲労と年齢によるものだと思っていた。

また、朝起きたら足の甲がピリピリする。
血糖値を測るようになってわかったが、血糖値が高いとそうなるようだ。

現在の症状として、「目がかすむ」「つりやすい」などがあり、なぜか左手が頻繁につってしまう。
何か持とうとする時によくそうなる。

また、左手の小指から薬指にかけてずっとシビれている。
これは何年も前に一時期あったが知らない間に治っていた。

しかし現在ずっとシビれたままだ。
握力も弱くなっているので、これが今の私の一番の悩みどころだ。

さらに抵抗力がおちているのか湿疹ができて非常にかゆい。
まず、頭の後ろの生え際の辺りにでき、耳たぶの後ろ、脇、股間部分と増えていき、寝ている間に無意識にかいてしまい、悪化してしまう。

糖尿病を防ぐには?

まず自覚症状が出てからでは遅いので、健康診断などで血糖値が高ければすぐに病院へ行って調べてもらうのが一番良いと思う。
初期の段階では、少し食事を気を付けたり体重をおとしたりするだけで改善する。
そうしなければ、40代以降に突如症状が悪化して、今まで好きだったものが食べれなくなってしまう。

インスリンを打ちながら炭水化物を取るという人もいるが、調整に失敗したら低血糖をおこしてしまう。
低血糖をおこしてしまうと自分で起きれなくなったり、自動車の運転に重大な支障をきたしてしまう場合もある。

正しい知識を身につけて早めに対処する事が重要だ。

[参考ページ]

知りたい!糖尿病

[関連ページ]

糖尿病についてまとめてみた
私の糖尿病歴をまとめてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。